アフターピル Contraceptive

アフターピル|上野駅前婦人科クリニック|効果・飲み方・避妊確率

アフターピルとは緊急時の経口避妊薬のこと。【アフターピルの効果】排卵を遅らせる・受精卵の着床を妨げる

東京都台東区にある上野駅前婦人科クリニックは、アフターピルを予約不要で処方できる医療機関です。

アフターピルとは、避妊をしなかった、もしくは避妊に失敗した性交渉のあと、妊娠を希望しない場合に服用する緊急避妊薬です。排卵と受精卵の着床を抑制して妊娠そのものを防ぐお薬のため、中絶薬とは全くの別物です。

避妊の失敗例には、性交中のコンドームの破れ・外れ、低用量ピルの飲み忘れなどが挙げられます。膣外射精(いわゆる外出し)も正しい避妊方法ではなく、およそ22%の確率で妊娠するため、妊娠を望まない場合は、アフターピルの服用が必要です。

このページの監修医師

上野駅前婦人科クリニック:杉浦由紀子院長(女医)のイメージ画像

上野駅前婦人科クリニック 院長 
杉浦由紀子

2011年東海大学医学部医学科卒業。日本産科婦人科学会専門医として、都立病院の産婦人科やレディースクリニックの経験を経て、2023年6月16日に上野駅前婦人科クリニックを新規開院。

目次

アフターピルの種類・値段

当クリニックでは、以下のアフターピルを取り扱っています。

ノルレボ 7,600円(税込)
エラ 9,900円(税込)

ノルレボの特徴

日本で初めて承認されたアフターピル「ノルレボ」は、WHO(世界保健機関)の必須医薬品にも指定されている薬です。1999年にフランスで承認されて以降、50カ国以上の国で発売されています。副作用として頭痛や不正出血、吐き気などがありますが、いずれも一過性の症状で時間の経過と共に回復します。

エラの特徴

エラは最新のアフターピルで、性交渉から120時間以内に1錠服用します。一般的なアフターピルと比べると服用できる期間が長く、避妊効果が落ちづらいことが大きな特徴です。ノルレボと同じく不正出血や頭痛、だるさ、吐き気などが副作用として挙げられます。国内ではまだ承認されていませんが、アメリカやヨーロッパなどでは主流のアフターピルです。

※日本で承認された医薬品ではないため「医薬品副作用被害救済制度」の対象外となります。

アフターピルは保険適用になりません

保険の適用は、病気やけがなどの治療を目的としているケースに限られます。そのため、アフターピルは保険適応外ですが、性暴力(レイプ、性虐待、DVなど)があった場合は、国が緊急避妊薬、性感染症検査の費用を一定額まで負担する補助制度があります。被害に遭われた方は、まずは台東区の相談窓口リストをご参照ください。

アフターピル処方の流れ

当クリニックでのアフターピル処方の流れは、以下のとおりです。

ご予約
ご予約

アフターピル緊急性が高く、指定時間内の服用が求められるため、ご予約は不要です。アフターピルを希望される方は、クリニックへ直接ご来院ください。

ご来院・問診票の記入
ご来院・問診票の記入

ご来院後、問診票に必要事項をご記入いただきます。

診察・ピルのご説明
診察・ピルのご説明

問診表を参考にしながら看護師が問診を行い、今回処方するアフターピルについてご説明をします。
問診では、アフターピルの効果を最大限にするため、いくつかのご質問をさせていただく場合があります。

  • 【問診例】
  • 避妊に失敗した性交渉の日時
  • 最終月経日(最後にあった月経の最初の日)
  • 治療中のけがや病気、アレルギーの有無、現在飲まれているお薬
  • 現在授乳しているか、妊娠の経験があるかなど

当クリニックは、低用量ピルやミレーナ(避妊リング)の取り扱いもございます。今後の避妊方法についての相談も可能ですので、お気軽にご相談ください。

アフターピルの服用
アフターピルの服用

アフターピルの服用に問題がないと診断された場合は、お水をお渡ししますので、その場でお薬を服用いただきます。

お会計
お会計

受付にてお会計をします。アフターピルは保険適用ではありませんので、ご注意ください。当クリニックの支払いは、現金または以下のクレジットカードに対応しています。

VISAカード
JCBカード
マスターカード
アメリカンエクスプレスカード・AMEX
ダイナーズクラブカード
DCカード
UCカード
イオンカード

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00
※最終受付 初診18:00 再診18:10
※4月以降:土日祝9:00-18:00(最終受付 初診17:00 再診17:10)

アフターピルの効果・仕組み

【アフターピルの仕組み・効果】適切な服用方法で…①排卵を遅らせる。②着床を妨げる。上記効果が得られる※服用が遅れると避妊率は低下する

アフターピルは排卵と着床の2つを抑制し、望まない妊娠を防ぎます。 受精のために卵子を待っている精子は、女性の体内で平均2~3日程度生き延びます。薬の服用で5~7日程度排卵をストップさせると、卵子が排出されないため、精子はそのまま寿命を迎え、妊娠が防がれます。

また、すでに排卵を終えて受精が行われていた場合でも、薬の作用で受精卵が着床しにくい環境が作られているため、高い確率で避妊が可能です。

アフターピルの副作用

アフターピルには下記のような副作用が挙げられますが、重症化リスクは低く、いずれも一過性の症状です。

副作用

頭痛、眠気、吐き気、不正出血、倦怠感、腹痛、下痢など

アフターピルの飲み方

アフターピルは、性交渉から服用までの時間が短ければ短いほど、高い避妊効果を発揮します。食前や食後のような服用時間の決まりはないため、薬を処方されたらなるべく早く服用しましょう。

稀に副作用で吐き気を感じる場合がありますが、服用から2時間以内に嘔吐をすると、薬の成分が体外に排出されてしまう可能性があります。薬の効果を十分に発揮させるため、できるだけ嘔吐を避け、吐き気を感じた場合は横になるなどして安静にしてください。

また、副作用で下痢が起こるケースもありますが、下痢によって薬の成分が出てしまうことはありません。飲み合わせの悪い薬や食品もあるため、ご不安な点は医師にご相談ください。

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00
※最終受付 初診18:00 再診18:10
※4月以降:土日祝9:00-18:00(最終受付 初診17:00 再診17:10)

アフターピル服用の注意点

・アフターピルは指定時間内に服用することで80~95%の高い避妊効果を発揮しますが、100%の効果は保証されていません。あくまで低用量ピルやコンドームなどでの避妊に失敗した場合の、最終手段です。女性だけでなく男性もその認識を持ち、妊娠を望んでいないタイミングで性行為を行う場合は、正しく避妊を行いましょう。当クリニックは低用量ピルのほかに、子宮内に装着する避妊具「ミレーナ(避妊リング)」の取り扱いもございます。どちらも、避妊だけでなく月経のお悩みの解消につながります。ご検討中の方はお気軽にご相談ください。

・アフターピルにHIV/AIDSのほか淋菌感染症、クラミジア、梅毒などの性感染症を予防する効果はありません。おりものの変化や痛み・かゆみなどの症状が現れている場合はもちろん、無症状でも性感染症に感染している可能性があるため、ご不安な方は性感染症の検査もあわせてご利用ください。

・妊娠中の方は、効果が期待できないためアフターピルを服用できません。また、肝機能障害や肝障害の方、心疾患や腎疾患の方、およびその既往歴を持つ方も症状が悪化する可能性があるため、処方をお断りする場合があります。お心当たりのある方は、診察の際に医師にご相談ください。

・性被害を受けたことでアフターピルが必要になった場合は、警察への届け出で緊急避妊や性病検査医の費用が補助されることがあります。

・アフターピルの服用後にいつもと体調が違ったり、生理の様子が違う場合は、避妊失敗から3週間以上経ったところで妊娠検査薬を使用してください。

万が一妊娠した場合のフォロー

アフターピル(緊急避妊薬)は高い避妊効果が期待できる一方で、避妊成功率は100%ではありません。そのため、アフターフォローを行うこととなりました。

上野駅前婦人科クリニック、または他の医療機関・薬局にてアフターピル(緊急避妊薬)を服用したにも関わらず、万が一妊娠して、中絶手術を希望される場合は、手術料金からアフターピルの代金をお値引きさせていただきます。当クリニック以外の医療機関や、薬局にてアフターピルを購入した場合は、領収証をお持ちいただければお値引きさせていただきます。(上限10,000円)

※アフターピルの服用日(領収証記載のお日にち)から一か月半以内に妊娠を確認した場合のアフターフォローです。返金対応は出来かねますので、予めご了承ください。

アフターピルに関するよくあるご質問

アフターピルを飲んだ後はいつまで性行為をしてはいけませんか?
A.アフターピルの効果が確認できるまで、性交渉はお控えください。服用後、約3~21日以内に起こる消退出血(しょうたいしゅっけつ)、もしくは次の月経が認められれば避妊成功といえます。アフターピルには排卵を遅らせる作用があり、服用後に性交渉を行うと、遅らせた排卵タイミングと重なり妊娠する可能性も低くありません。アフターピルの服用後、避妊確認前に再び避妊に失敗した際は、速やかにクリニックを受診してください。
授乳中ですが、アフターピルの服用で母乳に影響は出ますか?
A.アフターピル服用後は、母乳に薬の成分が移行する可能性があります。服用から24時間は、授乳を控えてください。授乳を控えている間は母乳が溜まって痛みや炎症が出る可能性がありますので、必要に応じて搾乳を行いましょう。
アフターピルと低用量ピルの違いは何ですか?
A.アフターピルは、避妊に失敗した性交渉後に1回(薬剤によっては2回)のみ服用する緊急避妊薬です。一方、低用量ピルは毎日服用する経口避妊薬で、避妊だけでなく月経のお悩みや月経前症候群(PMS)の改善にも使われています。
アフターピルで避妊ができなかった場合、薬のせいで流産などのリスクは高まりますか?
A.すでに着床が起こり、アフターピルで妊娠を防げなかった場合でも、服用によって妊娠の継続が難しくなったり流産したりする心配はありません。また、胎児への影響もないとされています。
アフターピルを飲んだ後に、生理が遅れることはありますか?
A.アフターピルの服用後、月経が予定日から10日程度前後する可能性がありますが、ずれによる大きな問題はありません。また、服用から約3~21日以内に、月経よりも少量の出血が数日続く「消退出血(しょうたいしゅっけつ)」が起こることもあります。これは、避妊成功のサインであり、アフターピルの服用によるものなので心配ありません。月経が予定日よりも大幅に過ぎている場合は、上野駅前婦人科クリニックにご相談ください。
アフターピルを飲めば避妊をしなくてもいいのでしょうか?
A.アフターピルは、避妊に失敗した性交渉の後に飲むことで、その性交渉に対しての避妊効果を発揮する「緊急避妊薬」です。服用後の性交渉については、避妊効果は認められていません。また、服用後は避妊の成功が確認できるまで性交渉は控えることが推奨されています。コンドーム以外の低用量ピルやミレーナでの避妊を検討している方は、お気軽に上野婦人科クリニックにご相談ください。
自宅でアフターピルのオンライン診療はできますか?
A.当クリニックが所属する、医療法人社団胡蝶会にて、メディカルポストというオンライン診療を行っています。メディカルポストでは、夜間22時までアフターピルの処方が可能です。都内にお住まいであれば、20時までにオンライン診療が完了すると、バイク便にて当日お届けすることもできます。オンライン処方を希望される方は、こちらからお申込みください。

News

お知らせ

  • 2024/5/30

    臨時休診は7月30日・7月31日です。

  • 2023/8/16

    避妊パッチ・避妊注射の取扱いを始めました。豊富な避妊方法をご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 2023/7/12

    避妊インプラントと、中絶手術の予約を開始しました。